プログラムのご案内

スケジュール

1日の流れ

8:30

登園

 

元気に登園できているか、子供を観察して視診します。

朝の調子で、一日の活動にスムーズに入れるかが決まります。

挨拶の大きさや言い方、態度で子供の様子はわかるものです。

何気ないやり取りの中に子供との観察があります。

お子さんの様子(メンタルもフィジカルも)が優れないときご相談下さい。様々に配慮していきます。

touen
9:00

自由遊び

 

子供の遊びは大切な時間です。

幼稚園では、一人一人がどのような遊びを展開しているか、友達とどう関わるか

ルールのある遊びを展開できるか、遊びの継続性があるかなど、子供の遊びに入り込みながら常に観察しています。

子供たちが人間関係や遊びの中でのルールなどを構築することができるよう援助していき、どの子も生き生きと関わり合いを持ちながら遊べるように構成します。

自由遊び
9:50

体操

 

体を大きく動かす事は、精神衛生上も大切な事です。

毎日音楽に合わせた、ジャズ体操は踊るだけで体も心も和らいでいきます。

体操
10:00

主活動

  クラス単位で必ず活動が入ります。子供の興味、関心を引き出し、すべてにおいて考えさせる言葉がけを意識した声がけをしていきます。
詳しくはこちら
主活動
12:00

給食

  みんなで同じものを食べて、「おいしい!」と共感したり、伝え合う事は大切なコミュニケーションです。栄養士によるバランスのとれた献立は、子供たちにも大人気で、毎日おかわりをする子供がたくさんいます。お弁当はみんなそれぞれ違ったものを食べますが、ここではみんな一緒の温かい給食を食べます。 給食
13:00

自由遊び

  寝転んでも痛くない園庭は、子供たちが自然とダイナミックに体を動かせるようにゴムチップ入り人工芝です。ブランコや滑り台などの固定遊具で遊ぶ子供たち、鬼ごっこやサッカー、ドッジボール、リレーをして楽しんでいる子供たち。みんなそれぞれ自分の好きな遊びを見つけて楽しんでいます。 自由遊び
14:00

降園

 

絵本の読み聞かせは、言葉の習得や感情の体験にも重要です。同じ本を繰り返し読み込むのも楽しいものです。たくさんの絵本が幼稚園にあったり、個人持ちの絵本があったりと、本へ親しめる環境を整えます。

課外活動

降園
time18

預り保育

  お仕事をされている方やもっとお友達と遊びたい、急な用事ができてしまった、お迎えに間に合わないなど、様々な利用の仕方ができます。長期休み中も行っています。 預り保育

年間のスケジュール

1学期

進級式

新しいクラス発表です。ドキドキわくわく、親子で登園します。

新しい先生にクラスバッチをもらって今日から一つお兄さんお姉さんです。新しい先生の意気込みも聞いて、一年間一緒に楽しいクラスにしていきましょう。

DSC 0917

入園式

初めての制服に身をまとって入園式です。

これから始まる幼児教育を保護者とともに楽しく有意義にしていくためにも、梅乃園幼稚園を十分に活用して、様々な先生方と

ともに考えながら子供たちをよりよく伸ばしていきましょう。

nyuensiki

春の遠足

子供たちとの楽しい遠足です。(親は不参加)普段とは違うお弁当やおやつを持って大型バスに乗っていきます。

様々なものに興味をそそられて最初は前について歩くのも難しいですが、経験を通して、リュックを背負って自分で歩く、お友達と手をつないで歩く、一緒に見て楽しむ、歩いて楽しむ、輪になって、シートや

お弁当を広げて楽しむ。何もかもが楽しい一時です。

楽しみにしていて下さい。

ensokuharu

端午の節句

クラスごとの共同制作で大きな鯉のぼりを作ります。

それぞれの鯉のぼりは空高く舞い、子供たちも大はしゃぎです。

「僕のクラスの鯉のぼりが一番元気だね」など子供心に、強く泳ぐ鯉のぼりに思いを馳せているようです。

koi

 

感謝の日

父の日って何だろう、母の日って何だろう、親に感謝する日だね。そんな事から始まった

感謝の日です。(片親等の子供へ配慮したいという思いからです。)

当日は親子で工作を作って楽しい一時を過ごします。また、子供たちからのうれしいプレゼントもあります。

 kan

 

積木参観

小梅~年長まで毎学期参観があります。

積木の参観は、子供の挑戦する様子を参観できる貴重な時間です。親の口出し手出しは厳禁です。

難しい課題になったときに泣き出すのか、粘り強く取り組むのか、ふざけてしまうのか、親に助けを求めるのか、子供たちは様々な様子を見せます。我が子の発達の仕方を客観的に見て欠けている部分を把握し、子育てを工夫できると子供はどんどん賢くなっていきます。

子供の能力開発講師の話はそのまま子育てに役立つ事ばかりです。毎学期ごとに成長を見てあげて下さい。 

tumi1

 

リトミック参観

1学期と3学期に年少~年長までリトミックの参観を行います。

子供たちは大好きな親に見てもらう事が何よりの頑張る力になります。クラス全員で、よりレベルの高い事に挑戦していきます。完成形は年長の3学期です。年少~無理なく導入していくと年長では大人顔負けのリズム取りや集中力を発揮するものです。3年間を見通して聞く力や敏捷性を培います。

rito1

七夕

全員で短冊を作り、お願い事を書いたり七夕の歌を歌いながら

七夕飾りを作ったり、子供たちの夢が少しずつ膨らむように。

様々な問いかけをしながら楽しく取り組みます。

年長さんはプラネタリウムに行きます。

tanabata

 

プール

プールは夏の暑い季節(気温と水温を足して50度が目安です。)に学年ごとに行います。

暑い夏の過ごし方として水に親しむとともに、年長でけのびがでできる事を目標にしています。

puru

 

お泊まり保育

創立以来行っているお泊まりです。先生全員と年長児だけで過ごす教育プログラムです。

子供たちの自立を促すためにすべて自分で行えるように構成しています。

先生全員が安全に気をつける事はもちろんですが、年長児も安全の意識と見通しを持って行動できるようにしていきます。

また、キャンプファイヤーなどは、森の中で火を囲み、非現実空間を作り出し、普段破れない自分の殻を破り、明るい性格の部分が開花していくようにプログラムされています。

梅乃園を卒園する前に絶対参加して頂きたいプログラムです。

784 8412

 

盆踊り

地域ぐるみの夏の風物詩「盆踊り」です。日本の文化伝承として行っております。

踊りは、子供専用のドラえもん音頭などではなく、大人と同じ盆踊りを練習します。当日は自由参加ですが、お子さんへ伝える日本文化として是非ご一緒に浴衣などを着て、ご参加下さい。

bonnodori

2学期

秋の遠足

秋の味覚を堪能しに葡萄狩りへ行きます。

年長さんは葡萄園の方に葡萄のお話を聞いたり、質問したり

葡萄についての知識も少し増やしてかえります。

葡萄園で食べる葡萄は木で熟した甘い葡萄です。

自分でとった葡萄をお土産に持って帰ります。

ennsoku

 

積木参観

積木の参観では子供の参観が終わった後に、親も体験したり

また、能力開発の講師から子供を伸ばす秘訣や子供を伸ばす子育てで注意しておかなければならない事等様々なお話を伺う事ができます。

我が子の特徴を把握して我が子に合わせた伸ばし方を知る良い機会となります。

tumi2

 

運動会

小学校の校庭をお借りして一日体を動かしたり応援したり家族で楽しめる運動会です。運動会の行事を通して体を動かす楽しさ、応援する態度、応援される喜び、集団行動に至るまで様々な学びがあります。

普段の練習では本番と同じものは極力避けて、這う、投げる、走る、登る、跳ぶ、様々な動きが促されるよう工夫しています。

s2

 

絵画展

子供たちが描きためた絵画をクラスに飾って、おうちの方に見に来て頂きます。同じクワガタの絵でも、どれ一つとして同じ絵がありません。子供たちのセンスを3年間しっかり磨きながら、表現の技術を身につけて小学生に上がります。

kaigaten

 

クリスマス発表会

梅乃園幼稚園のクリスマス発表会は表現活動として位置づけています。

かわいらしく、かっこよく、強く、弱く、真剣、笑顔、歌や遊技を通して表現し、たくさんの人に見守られながら、舞台の上に上がるのは楽しくも緊張する時間です。良い意味で緊張感を持ちながらそれでも立派に行動できる、物怖じしない子に成長させたいのです。

yuugi

3学期

お餅つき

幼稚園でお餅をつきます。近年では経験できなくなっている

お餅つき、幼稚園では臼、釜、杵、せいろ様々な用具を見ながら

お餅になるまでの工程を見て、実際にお餅をつきます。

この日の給食はもちろんおもちです。豚汁に入れたお餅やきなこは

とてもおいしく、十回以上おかわりする子供もいます。

たくさん食べておおきくなあれ。

moti

 

節分

日本の伝統行事ですが梅乃園幼稚園では、子供の様々な人格形成の一助として捉えています。心理セラピーでは自分の負の部分を外在化する事で対処する方法があるようです。これと同じで心にすむ鬼として、泣き虫鬼や怒りんぼ鬼など、自分の感情に向き合う機会として子供たちと話し合う楽しい時間でもあります。行事一つ一つを通して子供たちは成長していきます。

 setubun

 

積木参観

学年締めくくりの参観です。一年の成果を確認しつつ新しい学年へ向けての注意事項や新しい学年の子育てについてのお話などポイントを見たり、聞いたりしながら子育てを振り返る機会になります。

子供なりに頑張っている事をたくさん見つけて褒めてあげて下さい。

tumi3

 

リトミック参観

3学期のリトミックでは各学年難しい事に挑戦します。

頭で考えた事が電気信号で手足に伝わります。

解っていても体がついて行かないのでは手足のコントロールがうまくいっていません。先生の発令通りに手足が上手に切り替わっていくのかがポイントです。楽しみながら体を動かして、難易度の高い事に挑戦します。

rito

 

マラソン

幼稚園の近くを走ります。自分で目標を立てて「あそこまでは頑張ろう」「次の電信柱までは」など少しずつ走っていきます。年長で800メートルくらいですがアップダウンのあるコースなので、大人でもきついコースです。なれてきた年長さんの走りには先生たちがついていけません。

びっくりするほど早い子が続出です。

marason

 

卒園式

幼稚園最後の卒園式は様々な成長を遂げてどこの小学校へ行っても、ふんだんにその能力を発揮できる、きらきら輝いている年長さんです。

絵画、音楽、体育、その他教科活動を無理なく楽しめ、それぞれの分野で高い能力を発揮することと思います。大きく羽ばく卒園生です。

s4